卒業式の後

ハンズオンヒーリング札幌 SOURCE を運営しているプラクティショナーきむです。

東京生まれ東京育ち
2019年夏、念願の北海道へ移住してきました。

経歴と教育背景

東京大学文学部社会心理学専修課程卒業。
社会人になってから、東京工芸大学別科で写真のモノクロプリントの専門教育を受ける。(サイト内の写真は私が撮影したものです。)

2009年から7年間、からだクリエイトきらくかんの奥谷まゆみさんのところで学び、からだの観察とエクササイズの個人レッスンを行ってきました。

同時に、2009年からSchool of Healing and Sciences の王由衣さんの元で学び始めました。2011年に専門課程に入学、2016年インターンに進級しました。飛騨やルルド、アムステルダム、バリ島、北海道など、様々なところで行われる研修に参加したり、ヒーリングの技術クラスを受けています。現在も学びの道が続いています。

2019年12月カンボジアにて、School of Healing and Sciences統合エネルギー療法科を卒業しました。

現在、School of Healing and Sciences神学科に在籍しています。

卒業式の日の朝のアンコールワット

2016年からは、アストラルヒーリングと関係性ヒーリングをDean Ramsden さんに学んでいます。

また、教育分析として、2010年から2019年までの10年間、ユング派の心理療法に通っていました。

メッセージ

ノートルダム寺院の天井画

幼い頃から、人間の生きる意味について疑問を持ち、考えてきました。

大学では、心のことに興味を持ち、勉強を始めました。
東大在学中に、美大の学生との合同授業で、彼らの考える方法が、絵を使っていることに衝撃を受け、アートで表現することに興味を持ち始め、写真のモノクロプリントを学びました。

自分の体は硬く、不妊に悩んだことがきっかけで、自分の体と向き合おうと決めて、野口整体系の流れをくむ整体とエクササイズから学び始めました。
整体指導を通じて、体はどうして不調になるのか、ということを考えていけばいくほど、体と心の関係が深いことに気づきます。
同時にハンズオンヒーリングという統合エネルギー療法も一歩ずつ学びを重ねていきました。体だけではなく、その背後には、目には見えないエネルギーの存在が大きくあることを、時間をかけて学んできました。

体は、心の反映であり、心はからだの影響を受けます。自分の心とからだと向き合うことは、本当の意味で自分の足で自分の人生を歩む土台となります。

ハンズオンヒーリングのセッションを通じて、自分の心と体と向き合うきっかけとなり、力となることができますよう、サポートしていきたいと思っています。

きむ そじょん