体のヒーリングってどんなことするの?

ヒーリングをするときに必要なのは・・・・筋力!!

ヒーリングって、ふわふわっとしたものだと思ってませんか?
いえいえ、本当のヒーリングは、そんなものではありません。

”なんとなく〜リラックス〜”みたいなものをヒーリングという名前でちょっと広まっているのが、今の日本の現状・・・

だからあえて強く言ってみる。

ヒーリングに必要なのは、とにかく筋肉量!!!(笑)

でもこれまじ本当。

ヒーラーの筋肉量は、効果のあるヒーリングのためには必要です。
それは流せるエネルギー量が違うからです。

筋肉は電気通します。
生体エネルギー(気)とは電気なのです。(経絡とは電気エネルギーを通しやすいところだという中医学の研究もあります。)

だから筋肉量が多い人の方が、ヒーリングするときにたくさんのエネルギー量を流すことができるのです。

ちなみに、SHASの専門課程では、筋トレが推奨されています。

全体のエネルギー量をあげる

まずは全体のエネルギー量をあげる

体が癒えるために必要なものは、十分なエネルギーです。

体のヒーリングでは、まず、全体のエネルギー量をあげるために、
体の関節やチャクラから全身のエネルギーをチャージします。

体というのは、全身がうまく機能するように、エネルギーを効率よく使う仕組みがあるので、常に100パーセントは発揮しないようになっています。

不調は、エネルギー不足から

人間は、ストレスなどで、エネルギーを消耗して生きています。
エネルギー不足が慢性化してくると、体の不調が起きやすくなります。
自分の弱いところ、苦手なところにしわ寄せがくるのです。

自分を癒すところまで十分なエネルギーは回らず、
なんとか今の生活を維持するだけ精一杯という状態もよくあることです。

体の慢性的な症状や不調を改善したいと思う場合、
全体のエネルギー量を底上げして、
変化を起こすだけの十分なエネルギー量を流し、
体の癒える力を引き出すようにします。

意識を向ける、ということも、そちらにエネルギーを回すことなので、
体の不調と向き合うぞ、と決めることで、
エネルギーが回るようになる、という効果もあります。

エネルギーの流れを良くする

両手で挟んで足の筋肉や結合組織に働きかけている

次に体のヒーリングで行うことは、
エネルギーの目詰まりなどを取って、エネルギーの滞りを取り、
流れが良くなるようにすることです。

そうすると、エネルギーが廻り、自分の持っている本来の力が出てくるようになっていきます。

全身がチャージされ、エネルギーのバランスが良くなっていくと、自分の中心軸に戻りやすくなります。

エネルギーの消耗は少なくなり、エネルギーの充実度が増します。

必要なところに集中して働きかける〜臓器など

脊柱一つずつにエネルギーを流しているところ

そして、必要なところに追加のヒーリングを行います。

各臓器に働きかけたり、内分泌や神経、筋肉や骨にヒーリングを行うこともあります。

エネルギーは、電気なので、物理的な原則が働いています。
小さな範囲にエネルギーを流すことで、その部分にしっかりと十分なエネルギーが行き渡るのです。

臓器を決めてそこにエネルギーを流すことで、その臓器が自分で癒えるのに十分なエネルギーが届くようになります。

体には7つの周波数帯域がある!!神秘⭐️

エネルギーとひとくくりに書いてきましたが、実は、エネルギーには様々な周波数帯域があります。

周波数とは、色で言うと、虹色ですね。

オレンジ

黄色

チャクラも虹色が対応していますが、肉体にも7つの周波数帯域があるのです!!
例えば、腎臓などの臓器にも7つの周波数帯域があって、働きかけるところを変えます。
全色使う場合もあるし、必要な周波数帯域を追加することもあります。

これは実は、私の一番好きなところで。
ヒーリングをしていて一番楽しいところでもあります。

肉体の中にも7つの周波数帯域があるということを、初めて体感した時、
私は大きな衝撃を受けました。
涙が出ました。
その日の晩に、雷に打たれる夢を見たほどです。
この体験があったからヒーリングを続けてきたと言えます。

そしてその時の講座の場所は、札幌だったんですよね〜。
今こうしてここ札幌で、ヒーリングを始めたのは、感慨深いです。

7つの周波数帯域とアーキタイプ

自分の体の中に、7つの周波数帯域があり、それを知ることは、とても心強いことなのです。生きる力になります。

それぞれの周波数帯域の持っているアーキタイプがあります。
チャクラにアーキタイプがあり、意味を持っている範囲があるように。

自分の体の中に、7つの周波数帯域があり、それを知ることは、とても心強いことなのです。生きる力になります。

  • 生命力があり(赤・第1チャクラ)
  • 自分を守る力があり、(オレンジ・第2チャクラ)
  • 知性があり(黄色・第3チャクラ)
  • 自分を大切にし、他者を理解し共存する力があり(緑・第4チャクラ)
  • 自分のあるべき場所を知り(青・第5チャクラ)
  • 光を見て希望の道を選択でき(紫・第6チャクラ)
  • 大いなる宇宙と繋がっている(金・第7チャクラ)

ということが自分の中にあるわけですから!

臓器もそれぞれ、そのことを知っています。
臓器に当てはめると次のようになります。

  • 生命力に溢れ、
  • 臓器自身が、自分は何であるかを知り、
  • 臓器の知性があり、
  • 他の臓器と共存する能力もあり、
  • その臓器のあるべき位置を知っていて、
  • 自分が最大限発揮される時の状態を知っている
  • そしてそれは、全体のバランスの中に完璧にある

私たちの肉体が、自分で自分を癒やす力を持っているのがよくわかります。

オンラインセッションでも全く同じことを行う

コロナウィルス の影響で、世間は、リモートワークだったり、デリバリーを利用したりするようになっていっていますが、
講座やセッションも、オンラインで行うようになる時代に変わっていくのだなあと感じています。

そしてこのような時代だからこそ、肉体のヒーリングを受けて欲しいと思っています。

体のヒーリングを行ない、体が充実すると、自己の中心が取りやすくなるからです。

同じように不安な気分になっていても、
肉体のエネルギーが充実すると、捉え方が本当に変わります。
余裕が生まれるのです。
余裕が生まれると、選択に幅が広がります。

休校になったから、大変、という風に捉えるか、
休校になったからいつもより家族のコミュニケーションが増えるという捉え方もあるわけです。

デパートには買い物に行きづらくなったけど、
山や海に行く機会が生まれた、というポジティブな捉え方もできます。

この騒動に疲れを感じた方には、肉体のヒーリングがオススメです。

オンラインセッションでも、肉体の周波数に働きかけて、対面のセッションと、全く同じことを行います。
対面セッションが不安な方や、遠方で移動が心配な方は、オンラインセッションをご利用ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です