怪我は途中で治るのをやめてしまう・・・説

前回は、初雪に浮かれて、凍った雪道で滑って捻挫した話でした。
ヒーリングを受けて、なんとか無事にアンコールワットを歩くことができました。

朝焼けのアンコールワットをパトロールするワンコ

治すのを途中でやめちゃう!?

怪我や傷は、あるところまで治ると、そこから治りが遅くなることありませんか?

ヒーリングを学ぶようになってから知ったのですが、
ある程度まで治ると、まあ6〜8割治ったかな、というところで、
治す方にエネルギーを回さなくなるのです。

体としては、そんなにエネルギーに余裕があるわけではないし、
死活問題ではないから、この辺でいいかな、と言ったところでしょうか。

痛みとともに傷は治る

そういう時、いつもどのように傷が治っていくのか、
というのを観察するのですが、
体が傷を治している時というのは、患部がシクシクっと痛みます。

夜寝る直前とかメディテーションをしている時など、
癒しやすい脳波になった時が多いのですが、
ジンジンして痛むなーと思っていたら、
翌日今までより動きが良くなっている、と言った具合です。

ハンナ・ソマティクスの初体験してみたら・・・

先日ははっきりと、このセッションで捻挫が回復した!というものがありました。

それは、札幌在住のハンナ・ソマティクスの平澤昌子さんのソマティック・エクササイズ グループレッスンに参加した時のことです。

初体験だったのですが、
ものすごーく微細な動きを本当にゆっくりと味わいながらやっただけ、なんですが、
骨盤周りの筋肉の過緊張が取れて、腰が楽になって体もいい感じに緩んでいたんですが、、、

捻挫の患部がジンジンきてました!

今、私の体、捻挫治してるなーというのがわかりました。
そういう時の痛みは、少しずつ痛みの箇所が変わっていくことが多いので、
経過している、という感じなんです。

劇的に回復〜!!

そして翌日、お、捻挫しそうにない!という感覚。
劇的に回復していました。

何が良かったかな〜と思い返すと、
仙骨周りや大腰筋の筋肉の過緊張だったところが伸ばされて、左右のバランスが取れたことがよかったようです。

せっかくよかったので、昨日やったことを思い出そうとやってみたのですが、

え?一つも覚えていない!!

エクササイズを教える仕事をしていたので、だいたい覚えていられるんですが、、、
よほど緩んでいたようです。

捻挫は全身のバランスを整えると治りやすい

捻挫など怪我の回復には、
最後まで治すエネルギーを患部に回してあげること、が大事です。

全身のバランスを整えるようなセッション、
整体でもヒーリングでもハンナソマティクスでも、
自分のお気に入りのセッションを受けて、いつもより自分を労わりましょう。

怪我のショックも体に入っているので、特に緊張を緩めるような要素が入ったものがオススメです。

Follow me!

怪我は途中で治るのをやめてしまう・・・説” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です